区民と区政をつなぐ架け橋に!区民と二人三脚で明るい・元気な品川を作っていきます。

区政に稲妻を!新たな戦いの場に降り立った稲妻戦士 品川区議会議員 木村健悟

ニュース & トピックス

投稿
 平成24年度建設委員会 河川大会、日本青年館大ホールで開催!  木村 建悟  2013年5月24日(金) 21:30
[修正]
5月24日、平成24年度建設委員会最後の河川大会が日本青年館大ホールで行われました。
第51回総会及び促進大会、東京都38区市町村が一同に会し、国や東京都に対して河川の治水対策や湖岸工事に必要な助成金や対策のお願い等が全会一致で可決されました。
水害をなくし、「「安全で豊かな住みよい生活環境」」及び、「「水と緑豊かな潤いあふれる水辺環境」」の創出を図る為、東京河川改修促進大会を開催し、国会や政府並びに東京都に対して強く要望!
東京都にも、多くの河川が存在しますが、皆さんの地域にも多くの川がありますよね。川とはどのような働きをするのでしょうか?
100ミリを超える大雨は10年に一度、75ミリを超えるお雨は5年に一度、50ミリを超える雨は3年に一度と言われていましたが、近年、ゲリラ豪雨と呼ばれ、1時間に100ミリを超える大雨が降る事がよく発生しています。
その大雨を、河川や下水道は、雨水処理する役目があるのです。
床下浸水が起こらない様に、雨水の処理能力をアップさせるための工事を早急に行わなければなりません。
本日は、38区市町村の建設委員会の議員や理事者たち1,000名の大会でした。全ての声を、国民や都民の生活を守る為にも、政府や都は是非立ち上がって頂くようお願いいたします。

 第65回品川青色申告会定時総会、きゅりあんで開催!  木村 建悟  2013年7月24日(水) 11:27
[修正]
5月20日、第65回品川青色申告会定時総会がきゅりあんで行われました。昭和25年の申告会創立以来60年と言う節目の年を迎え、多くの会員が押しかけていました。
今年度も関係官公署や諸団体と連携しつつ各種研修会・セミナー等を開催し、会報やホームページの内容をさせる事より、会員の皆様にはいつでも最新の情報をお届け出来るよう改善に努めてまいりますと力強いお言葉が、小林会長はじめ、青色申告会会員全員が誓いあっていました。
これからも、区民全員の生活をしっかりと見守って頂きたいと思います。

 震災対策特別委員会として墨田区を視察しました。  木村 建悟  2013年5月16日(木) 21:23
[修正]
5月16日、震災対策特別委員会があり、午後から墨田区へ視察に行って来ました。今年度最後の震災対策特別委員会ですが、いつ起きるかもわからない首都直下型地震に対する対策の一つになるだろうと思われる視察となりました。
墨田川沿いにあります、巨大な「白髭団地」の視察。13階建てが18棟もある団地、1,800所帯を超え、3,000人をゆうに超える人達が住んでいます。
昨今話題になっている首都直下型地震に対する色々な防災に工夫を凝らしたり、「備えあれば憂いなし」ではありませんが、住民の命と財産を守る為の準備があちこちに行われていました。例えば、住戸前防火シャッターです。熱風や火の粉を防ぐため各住居のベランダをシャッタ化し、スプリンクラーがそれぞれ3か所外についていたり、広場散水用放水銃、階段状の住棟、ブリッジシャッターなどなどでした。団地地下には、1つのタンクに3,000トンの水が入る地下上水タンク100個も装備しています。
3.11で原子力発電所がストップし、多くの人々に節電のお願いをしました。しかし、ここ白髭団地の地下には、自家発電用の大きな発電機が8基も設備されていました。
素晴らしいとしか言えない準備が行われています。
25万人の命と財産を守る為、区内に万全の準備が行われている墨田区、本区も見習えるところは見習っていきましょう。

 人権尊重都市品川宣言 制定20周年 きゅりあん8階大ホールで開催  木村 建悟  2013年5月14日(火) 21:21
[修正]
5月14日、人権尊重都市品川宣言 制定20周年がきゅりあん8階大ホールで行われました。1993年(平成5年)4月28日、品川区は都内で唯一の「人権尊重宣言」を制定し、本年をもちまして20年という節目の年を迎えました。
人権とは、人々が生存と自由を確保し、それぞれの幸福を追求する権利の事です。私達は多くの人たちと関わり合いをもって生きています。その中で、一人ひとりが自分らしく生き、そして、他の人たちと共に皆が幸せに生きていくためには、お互いの個性を尊重し、認め合う事が必要です。女性・子供・高齢者・障害者・同和問題・アイヌの人々・外国人・HIV感染者・犯罪被害者やその家族等々、色々な事が私達の周りで実際に起きているのです。
都民の皆さんや私達一人ひとりが人権問題を理解し、人権について考えることが、もっとも大事な事と考えます。
今回特別講師として、前全日本男子バレーボールチーム監督の植田辰哉さんを迎えて、人間味あふれる楽しい時間を過ごす事ができました。この様な、人間として一番大事な事が勉強できることは、非常にありがたい事と、心からお礼を申し上げます。

 建設委員会最後の視察、中央環状品川線  木村 建悟  2013年5月13日(月) 21:20
[修正]
5月13日、建設委員会最後の視察、中央環状品川線に行って来ました。建設委員会8名での合同視察です。
中央環状線47q中、山手通りの地下空間をトンネルで北上し、中央環状新宿線及び高速3号渋谷線に接続する路線です。地中をモグラの様に掘って行く、シールド工法を採用して行われたそうです。直径12mもある巨大なトンネルを見学・視察、日本の誇る技術は本当に素晴らしいものとため息が出るばかりです。
本線が完成する事で、高速道路全体のネットワーク効率よく機能し都心環状線などの慢性的な渋滞が緩和されるそうです。この事業は東京都・首都高速道路株式会社が共同で行っている事業です。完成は、26年度中ですが、実際は27年の3月頃の完成だそうです。完成予定遅延の原因は地下水がトンネル内に溜まった為。水対策の為の1年延長です。
無事に完成する事を願うばかりです。

<< 前ページ  次ページ >>過去ログ
Copyright 2011 Kengo Kimura all rights reserved.