区民と区政をつなぐ架け橋に!区民と二人三脚で明るい・元気な品川を作っていきます。

区政に稲妻を!新たな戦いの場に降り立った稲妻戦士 品川区議会議員 木村健悟

ニュース & トピックス

戻る
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年1月
2012年1月7月9月10月11月
2011年7月
2010年
2009年
2008年

 あけましておめでとうございます。  品川区議会議員 木村健悟  2013年1月3日(木) 0:11
謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
昨年同様、本年もよろしくお願いいたします。
さて、2011年3月11日の東日本大震災から1年10か月が過ぎ去ろうとしていますが、未だに復興の目途が付かない国の政治。
2012年12月16日に東京都知事・衆議院議員のダブル選挙が行われ、政権与党の歴史的大惨敗、自民公明で3分の2を占める大勝利に終わった衆議院選挙と新しい都知事誕生の年末となりました。
日本丸の舵取り役、内閣総理大臣が変わった2013年、一刻も早い復興に全力を注がなくてはいけない一年になる事でしょう。

私達、品川区議会も「住み続けたい品川区」を、「いじめ問題や首都直下型地震」に対する備え・防災等を目標にして今年一年全力で駆け抜けて参ります。

2013年は巳年、私の干支の年、年男として恥ずかしくない一年と成ります様に頑張って参ります。
2013年が被災地復興と皆様に、素晴らしい一年となる事をご祈念いたします。

平成25年元旦 木村健悟

 品川区新年賀詞交換会「きゅりあん」7階大ホールで開催!  品川区議会議員 木村健悟  2013年1月5日(土) 2:01
1月5日、品川区新年賀詞交換会が「きゅりあん」7階大ホールで開催されました。
大会場には700名を超える参加者がところ狭しと詰めかけ、大盛り上がり! 
濱野区長の歓迎スピーチで始まり、乾杯からの大宴会・演舞と続く。会場からは、今年こそ好景気になる事を期待する声があちらこちらから聞こえて来そうです。

品川区は全国1700自治体の中でも裕福な都市第一位を獲得し、これからも品川区に住み続けたい人達が91.5%を維持しているそうです。
人にやさしいまち、住み続けたいまち品川を目指して頑張って行きましょう。

それから、震災に強いまち品川・防災が行き届いてるまち品川こそ達成しなければいけません!
私たちの命と財産を守って行くためにも、さあ、みんなガンバロ〜!

 品川区の「七福神」めぐりが行われました。  品川区議会議員 木村健悟  2013年1月6日(日) 2:05
本日、1月6日は品川区の「七福神」めぐりが行われました。
一般社団法人しながわ観光協会が主催で毎年行われているのでしょうか?
全行程6・5キロを2時間程の時間をかけての仏閣めぐり!
日本全国には多くの七福神めぐりはありますが、特に荏原七福神は由緒ある寺社に安置された格式高い七福神だそうです。
今回初めての参加でしたが、多くの方々は今年こそ御利益にあやかりたいと願いつつ参加されている人が多く見られます。実は、大きな声では言えませんが、私もその一人です。
一つ反省がありました。それは、背広姿での参加、ネクタイこそしていませんが靴と服装は軽装でなければ!それでも寺社ではシッカリとお祈りをして来ましたが、お賽銭の割には少し願い事が多すぎたかも?

品川区民のみなさん、来年こそは私と参加しませんか〜?!
待ってま〜す。

 品川区商連・区振連の25年賀詞交換会が行われました。  品川区議会議員 木村健悟  2013年1月15日(火) 2:13
1月15日、品川区にあるTOCの13階大広間で品川区商連・区振連の25年賀詞交換会が行われました。
250名を裕に超える区商連会長(浦山さん)品川区長をはじめ、国会議員、都議会議員、区議会議員、区内商店街の方々が参列し華やかに、また昨年までの不景気を払しょくするかの様に盛大に杯を重ねあっていました。
現在の政権政党のロケットスタートを思わせる株価の上昇、円安が今年の景気回復を感じさせる年頭になりました。

働く人達の給料が少しでも上がるように、区民の皆さんの生活が良くなる様に、商品が多く売れる様にと自民党政権には期待しています。
この一年が、商売をする人達に黄金の光を、区民の皆さんに幸せが来る一年となる事を願っています。
もちろん、私も幸せを掴む一年になります様に!

 東京商工会議所品川支部、平成25年新年賀詞交換会  品川区議会議員 木村健悟  2013年1月16日(水) 2:24
1月16日、東京商工会議所品川支部、平成25年新年賀詞交換会が品川区の御殿山にある、「ホテルラフォーレ東京」地下「松月・有明の間」で行われました。
行政側からは、品川区長ほか関係者、国会・都議・区議会議員、区内関係者総勢過去最高の300名に迫る人が参加。

今年の課題を会長や関係者から発表され、また、2020年のオリンピック・パラリンピックを東京で開催しようの掛け声を高らかに叫んでいました。
スポーツ界からも、24年前に参加した水中バレーを踊った小谷美香子さんや12年前の女子体操選手が壇上でのスピーチもございました。
また、永年会員60年・50年・40年・30年の表彰式も行われ、意欲新に25年のスタートを切っていました。

今年一年が皆様に良い年となる事を願うものです。

 品川区議会震災対策特別委員会の視察  品川区議会議員 木村健悟  2013年1月23日(水) 2:36
1月23日、品川区議会震災対策特別委員会の視察がありました。
場所は、江東区の「有明の丘」東京湾臨海部基幹的広域防災拠点の防災公園です。
この施設は首都直下地震への応急対策の為に作られたそうです。
この様な施設が江東区の「有明の丘」と神奈川県川崎市の「東扇地区」です。
何時起きるかわからない首都直下型地震に対して、絶対に必要な施設、国と東京都が管理するこの巨大な緊急対策本部。
平成22年に完成した為、真新しさを感じさせる本部棟には巨大なリアプロジェクションモニター(300インチ)960uの広さで座席数186あるオペレーションルームや、170u座席数52、100インチのリアプロジェクションモニターの本部会議室。
緊急時には、国会や総理官邸・主要施設をモニターを通しての緊急会議が行われ、日本国中に指令が出される拠点となるそうです。
屋外には、一度にヘリコプター7機が離発着できるヘリポート等の最新式の飛行場。
備蓄食糧、飲料水(ペットボトル)等を7日間分、非常用電源(自家発電)システムも設置されています。
隣には、[がん研有明病院]が有り、災害時には後方支援施設として仮設ベット200床・4部門30診療科を有する総合病院に!
そして、いざと言う時の為に「防災体験学習」が出来る施設もありました。
首都直下型地震の発災から避難までの流れを体験し「72時間」の生存力を付ける為の体験学習ツアーです。
私達も実際に体験させていただき、何とかクリアし生き延びる事が出来、ホツと胸を撫で下しました。
Copyright 2011 Kengo Kimura all rights reserved.