区民と区政をつなぐ架け橋に!区民と二人三脚で明るい・元気な品川を作っていきます。

区政に稲妻を!新たな戦いの場に降り立った稲妻戦士 品川区議会議員 木村健悟

ザ・選挙 −2011年−

2011年統一地方選挙、品川区議会選挙への出陣を決意し、三浦半島活断層調査会・茅野教幸会長に責任者になってほしいと思いを伝えたのは、2010年12月中旬でした。
2011年1月23日に、茅野氏に架け橋の会代表を引き受けてもらえました。早速、寒い中で街頭演説をはじめ、たった2人で戦いはスタートしました。
2011年3月11日、茅ヶ崎、相模一宮の寒川神社に必勝祈願を参拝。帰ろうとすると参道が大きく揺れ、そこで被災しました。寒川は震度6.2でした。ようやく家に着いたのは、翌日午前2時。しかし、このとき勝利を確信しました。
3月29日、池上本門寺の力道山先生のお墓に詣でて、ダメ押しの参拝です。地震の影響で多くのお墓の灯籠が倒れていましたが、力道山先生のお墓だけは、何の被害もなくどっしりと構えていたのです。これで、必ず勝てる、そう思ったのです。
4月17日公示。すでに決着はついていました。投票前日の23日、気がつくと延べ450人以上のボランティアが参加していたのです。
40人中27位で当選。新人区会議員の誕生です。

1月24日 月曜日〜金曜日毎朝5時半に大井町に立つ。
午後は武蔵小山、夕は戸越銀座。悴む手。

2月22日 目黒雅叙園で催された家内の「木村洋子と大丈夫会」新年会で
立候補の決意を表明

3月 2日 アントニオ猪木氏の指示を取り付けたポスターが
印刷される。

4月 6日 NPO法人博愛プロジェクト、ゼロワン大谷晋二郎社長らと架け橋の会
被災地支援活動。

4月 7日 支援要請のあった大船渡市長と。(左から木村洋子目黒区議・大船渡
市長・木村健悟 )

4月 7日 避難所を巡り、焼きそばを作り、元気を提供。
アントニオ小猪木さんと。

4月 8日 避難所を訪問。一人一人に声をかけて励ます。

4月17日 品川区議会議員選挙公示。347ヶ所のポスター貼りはボランティア
が協力。支持者のサインに応じる。

4月19日 右手ワタナベボクシングジムの渡辺社長が激励に訪問。

4月20日 新日本プロレスの中西学選手、天山広吉選手が応援のため、
西小山駅前に駆けつける。

4月20日 新日本プロレスの中西学選手、天山広吉選手と、武蔵小山商店街を
遊説しながら歩く。

4月20日 中西学・天山広吉両選手とも、下積みの辛いころに健悟さんに励ま
されたとしみじみと語る。

4月23日 選挙戦最終日、アントニオ猪木氏の代理で、野獣
ボブサップ氏(36歳)が応援に駆けつける。

4月23日 ボブ・サップ氏と武蔵小山商店街を歩く。右はイノキゲノムフェデレー
ションのサイモン・ケリー猪木氏。

4月23日 選挙戦を戦い終えて、夜の打ち上げ。木村洋子事務所に「悲しき天才」
セットジニアスこと渡邊幸正氏が訪れる。

4月23日 戦い終わった安堵感と不安感が。
あとは翌日の投票及び開票結果を待つだけ。

2011年選挙開票、当確の報を受けて・・・

4月24日 家族と選対委員長とともに開票の様子を見ていた。
当確の報を受け、初当選を家族とともに喜ぶ。

2011年統一地方選挙、ダブル当選

4月24日 目黒区議会議員選挙に出馬していた洋子夫人のもとにも、当確の報が
飛び込み、夫婦での品川・目黒ダブル当選をガッチリとした握手で祝う。

Copyright 2011 Kengo Kimura all rights reserved.